イベント告知】大阪中央郵便局の活用を考える 保存と解体を超えて
 coideco
本日開催されます
緊急シンポジウム第2回
「大阪中央郵便局の活用を考える 保存と解体を超えて」
において、RIPSが提案を行います。
水都大阪フェス2011期間中に実施したコミュニティサイクル「COIDECO」
の経験を踏まえ、大阪中央郵便局の活用方法を提案する予定です。
直前の告知になりましたが、参加は先着順なりますので、
ご都合がつく方はぜひご参加ください。
尚、当シンポジウムはUstreamで中継されますので、
会場に行けないという方は、ぜひこちらでご覧ください。


■緊急シンポジウム第2回
「大阪中央郵便局の活用を考える 保存と解体を超えて」
2011/2/23(木) 18:00〜21:00
会場 中之島デザインミュージアム de sign de >
参加費 500円(資料代含む)
定員 80名(申込不要・当日先着順)
主催 大阪中央郵便局を守る会 後援 DOCOMOMO Japan,近畿産業考古学会(KINIAS)(予定) 日本建築学会近畿支部,日本建築家協会(JIA)近畿支部
問合せ 大阪中央郵便局を守る会   

プログラム
 ※中谷ノボル氏と南一誠氏は、ご都合により不参加です。
1_報告 倉方 俊輔(建築史家,大阪市立大学准教授)*
納見 健悟(あるく総合研究所主宰)
コメンテーター:松隈 洋(建築史家,京都工芸繊維大学教授)*
 2_活用提案
前田 茂樹(建築家,大阪工業大学講師)+倉方 俊輔
中谷 ノボル(建築家,アートアンドクラフト)+RIPS
DESIGNEAST実行委員会
コメンテーター:橋寺 知子(建築史家,関西大学准教授)
3_ディスカッション
進行:高岡 伸一(建築家,大阪市立大学特任講師)*
 発言者:各発表者
コメンテーター:南 一誠(芝浦工業大学教授,学長補佐)*
4_質疑応答
5_挨拶 長山 雅一(流通科学大学名誉教授,「大阪中央郵便局を守る会」代表)*
「大阪中央郵便局を守る会」呼びかけ人

| comments(0) |